2015年11月15日

港区 メッキにコーティング|メッキとは?

グロリア.jpg
『メッキ』とはどんなものか。
あなたもだいたいはご存知かと思います。
表面が“ピッカピカのギンギラギン”に加工されたアレです。

私は東京都中央区と港区で長いこと車の洗車・ポリッシュ・コーティング工房を営んでまいりました。
メッキには、日常的に触れる機会が多いです。

クルマには、さまざまな部位にメッキが使用されています。
例えばエンブレム、マスコット、グリル、モール類、ホイール、インテリア装飾・・・

最近ではメッキパーツの使用頻度はかなり少なくなりました。
ワンポイントでアクセント的な使われ方が多いような気がします。

でもかつては“メッキのオンパレード♪”状態の時代もありました。
アメリカではかなり昔からそうだったようですし、わが日本でも60年代中頃の『モータリゼーション』の時代から70年代くらいまではそんな感じでしたね。

例えば当時の車は、バンパーはオール“クロームメッキ”だったんですよ。
素材は鋼鉄製で、その上に綺麗なクロームメッキが施されていました。
新車のときはほんとに“ピッカピカ”で、それは美しく輝いていたものです。

当時は今ほど塗装の材料や技術が発達していなかったので、ボディ本体のほう(塗装面)は正直あんまりピカピカじゃありませんでしたね。
それを補って余りあるほど、このクロームメッキのバンパーが光り輝いてたんですよ!
私の少年時代は、そこらじゅうのクルマがみなこの方式でした。
現代の、ボディと一体化され同色に塗装されたクルマしか知らない人達にとっては意外な事実かもしれませんね。

次回もメッキの話題を続けます。



『カーコーティングドットコム洗車の匠・芝浦』
http://www.carcoating.com/coating/




posted by tm1489 at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | メッキについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月18日

塗装面やガラスコーティングにさえ深刻なダメージを与える成分とは?

前回の続きです。

塗装面や塗装を守るはずのガラスコーティングにさえ深刻なダメージを与えるある成分の力によって、クレーター状のウォータースポットは作られてしまいます。

前回ご説明したとおり、ボディに残留した水滴は中心から放射状に乾燥していきます。
水分は蒸発のため減少していきますが、蒸発しない含有成分は徐々に外側に放射状に押しやられていきます。
この含有成分のうちのひとつが“イオンデポジット”の基になる無機のミネラル分です。
これは凝固してしまいますが、クスリがあればほぼ完璧に除去可能です。

では問題のもうひとつの成分とは何か?
それはなのです。
正確には酸化力という、水が本来持つ力のことです。

要するにその酸化力によって、塗装やガラスコーティング被膜が溶かされてしまうというわけです。 つづく



Tポイントの貯まる・使える東京都港区のこだわりのコーティング屋
東京タワー・お台場に程近い港区芝浦の
「カーコーティングドットコム洗車の匠」

http://www1.odn.ne.jp/~aed64450/ 
http://www.carcoating.com
http://blogs.yahoo.co.jp/katoyoshi434
http://blogs.yahoo.co.jp/tm1489

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。