2007年09月24日

直列エンジン・並列エンジン

356-3.jpg 先日、別の場所に投稿した記事をこちらにも書かせてもらいます。

直列エンジンと並列エンジンについて

直列エンジンとは、シリンダーが直列に配置され、それゆえにシンプル、耐久性に優れ,扱いやすいエンジンです。小さなエンジンに多く、現在、世界中の2.000ccくらいまでの小型車のほとんどが直列4気筒エンジンを搭載してます。
しかし、マルチシリンダー化(多気筒化、8・10・12気筒)が不可能なため(細くて長大なエンジンになってしまうため)、大排気量・高出力・高トルクの大きなエンジンを作り出すことが不可能です。

一方、並列エンジンとは、たとえば8気筒の場合、シリンダーが4本ずつ並列に配置されたエンジンのことです。そのため、吸気・排気・潤滑・冷却などのシステムが2系統必要になり、直列に比べ構造が複雑となり、それゆえトラブルの発生率も高くなります。
しかしマルチシリンダー化が可能なため、大排気量・高出力・高トルクのエンジンに向いており、過去から現在までの名だたるレーシングカー・高級車・ハイパフォーマンスカーそしてスーパーカーなどに搭載されてきました。
また、並列エンジンには、V型6気筒やポルシェに代表される水平対向6気筒といったコンパクトなものもあります。主にミドルカークラスに採用され、過去よりこのクラスで多数を占めていた直列6気筒エンジンをいまや完全にV6エンジンが駆逐してしまいました。 ちなみに“陸の王様”と呼ばれているクルマは、マルチシリンダー搭載のフェラーリやランボルギーニなどのスーパーカーではなく、コンパクトな水平対向6気筒エンジンをターボで武装し、それをコンパクトな車体のリアに押し込んだシュツットガルトの巨人、ポルシェターボです。もう30年にもわたり王座に君臨しつづけています。あの強烈な加速には痺れます。
posted by tm1489 at 00:59| Comment(0) | TrackBack(1) | ウンチク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

クルマの磨き師がブログ開設しました

.jpgGemini 1uO.jpgみなさん、はじめまして。
こちらでもブログ開くことになりました。よろしくお願いします。

このブログの主役は、私の相棒の“いすゞジェミニ”です。
JT190型 ハンドリングbyロータス 平成元年3月登録 3ドアハッチバック
最近ではすっかりジェミニ見なくなりましたねえ。20年ほど前にはずいぶんたくさん走っていたのに。いすゞも乗用車の生産をやめてしまったことですし、ちょっと寂しいですね。
ところで、“街の遊撃手”のCM覚えてますか? ジェミニが数台で華麗なダンスを披露したり、地下鉄の駅で競争したり、空を飛んだり…それはもう想像を絶するCMでした。このクルマ、海外でも結構売れたそうですよ!
エンジンは、4XE1型ツインカム16バルブ。いすゞ初の4バルブDOHCエンジンだそうです。なかなか良いエンジンですよ。レスポンスいいし、パワーはそれなりにあるし。M100型のロータス・エランに採用されて有名になりました。エランは、NAは日本に正規では入らず、ほぼ全てがターボ搭載車でした。M100も以前所有してましたが、音はジェミニとあまり似てません。ターボだし、エキマニの形状が違うからだそうです。
そういえば、この手のジェミニといえば、4ドアでグリーンが定番でした。うちの相棒は、紺色で3ドアです。私自身、ほかの3ドアのロータスにいまだかつてお目にかかったことがありません。マニアの間でも大変めずらしいそうです。




posted by tm1489 at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | いすゞ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする