2007年11月16日

東京モーターショーその3

1.jpg


こんばんは。モーターショーねた3回目です。

今年はなんといってもこのクルマ、ニッサンGTRが主役でしょう。

レクサス同様、写真の段階ではずいぶんもったいつけた割にはちっともなデザインだと思ってました。
でも、本物見ると、やっぱりカッコいいです!

高性能・ハイテク+実際にニュルでポルシェのタイムを上回ったりと、“技術のニッサン”(古いですかね、このコピー)の集大成的なクルマのようです。
しかし、このクルマにはレクサスやポルシェのような美しさを感じません。クルマではなくマシーン、いやいや兵器のような凄みすら覚えます。それも王者ポルシェと闘い、そして倒すためだけに生み出されたかのような。なぜか特殊な緊張感や寂しさを感じます。

さてこのクルマ、3ペダルのMTがないのは私としてはちょっと残念ではあります。今のご時世ではしかたないのでしょうか。これほど速くて高性能なクルマをMTで操ることができる人はそういないってことでしょう。今売れてるクルマの大半がAT、また、新しく免許を取る人たちも大半がAT免許だそうです。
うちの姪っ子がいま教習所に通ってます。彼女は私と一緒にレースがやりたいらしくMTに乗れる免許をとるべく教習所に受付に行ったところ、女というだけで「AT限定にしなさい、今は男子もほとんどがAT限定だよ」と諭されかけたそうです。なんということか…
そういえば、ポルシェターボですらニュルではMTよりもティプトロのほうがタイムは速いそうです!

では、今日はこのへんでおしまい。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/66770049

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。