2015年11月16日

港区コーティング|クロームメッキの意外な弱点B






弱点そのB:クロームメッキは案外はがれやすい・・・

これは前回の“弱点そのA”と関連することです。

クロームメッキはその他のメッキやコーティングに比べて極端に膜厚が薄いわけです。
ということは膜厚の多いものに比べ、研磨や摩擦などに対する許容量が当然低くなります。

前回お話したように、車のボディ塗装がだいたい140〜160ミクロンあるのに対し、クロームメッキは厚いものでも0.2ミクロンほどしかありません。

よって定番の“ピカール”のような金属用研磨剤で磨くと、物によってはイチコロです!

例えば、コレ
201501011111.jpg
赤い矢印のところにご注目ください。
そこだけ黄金色に変わってるのがわかると思います。
これはクロームメッキを磨き過ぎて、下地の“ニッケルメッキ”が出てしまった状態です。

こうなってはもう手遅れ。
どんなに私が『磨きの達人』でも、貴方をお助けするのはムリです・・・

車の塗装面をゴシゴシ磨くような感覚でクロームメッキに触るのは、慎むべきです。

しかしながらクロームメッキ自体は、非常に硬度のある物質です。
また、下地との密着率も非常に良好なようです。

ということは、車のボディ塗装ほどの膜厚さえ稼げれば、もしかしたら相当強靭なコーティングになるのかもしれませんね。



http://www1.odn.ne.jp/~aed64450/gzox3arkbaria.html

posted by tm1489 at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | メッキについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。