2013年12月18日

塗装面やガラスコーティングにさえ深刻なダメージを与える成分とは?

前回の続きです。

塗装面や塗装を守るはずのガラスコーティングにさえ深刻なダメージを与えるある成分の力によって、クレーター状のウォータースポットは作られてしまいます。

前回ご説明したとおり、ボディに残留した水滴は中心から放射状に乾燥していきます。
水分は蒸発のため減少していきますが、蒸発しない含有成分は徐々に外側に放射状に押しやられていきます。
この含有成分のうちのひとつが“イオンデポジット”の基になる無機のミネラル分です。
これは凝固してしまいますが、クスリがあればほぼ完璧に除去可能です。

では問題のもうひとつの成分とは何か?
それはなのです。
正確には酸化力という、水が本来持つ力のことです。

要するにその酸化力によって、塗装やガラスコーティング被膜が溶かされてしまうというわけです。 つづく



Tポイントの貯まる・使える東京都港区のこだわりのコーティング屋
東京タワー・お台場に程近い港区芝浦の
「カーコーティングドットコム洗車の匠」

http://www1.odn.ne.jp/~aed64450/ 
http://www.carcoating.com
http://blogs.yahoo.co.jp/katoyoshi434
http://blogs.yahoo.co.jp/tm1489

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/383014374

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。